めがねくんのお金日記

30代のサラリーマン 不動産収入と給与収入を日本株・仮想通貨に投資しています!

【株式】運用成績&保有株一覧(2019.3.8時点) MYポートフォリオはほぼ全滅...

f:id:meganekunno:20190309185947p:plain

2019年3月第2週の株式運用成績&保有株一覧の報告です。

 

2月末までは資産がとても順調に回復してくれましたが、世界景気に懸念が出てきたことから株価は大幅に下落した1週間でした。

 

MYポートフォリオは先週末比で大幅に下落しました。

ほぼ全滅の状況でした。

 

投資余力がほぼないことから、様子見の状況が続いてもどかしいです...

 

世界経済は、今後も市場に配慮した運営を続けるはずであることから「景気懸念で売られるときは買い」だと考えています。

 

 

保有株一覧

コード順に表示しています(並び順は気分で変わります) 

f:id:meganekunno:20190309190017p:plain

 

今週は楽天証券から貸株サービス料の入金があったのと(+5,854円)、楽天証券の純金積立の引落(-2,000円)があったため、現金が +3,854円となっています。

 

実は純金に月 2,000円ばかりですが投資しています(ほとんど趣味です)

 

楽天証券の貸株サービスは毎月安定した金利収入をもたらしてくれるので、非常にオススメのサービスです!

 

▼楽天証券の貸株サービスについて 

www.meganediary.net

 

運用パフォーマンス

【2019年 年間パフォーマンスの推移表】

f:id:meganekunno:20190309190041p:plain

※ ディーツ法で計算。新規投入資金は月初に入金したものとして計算。

 

年初比 +11.53%
先週末比 -3.69%

 

今週(2019年3月第2週)の運用損益は先週末比 -3.69%と反落しました。

年初比では +11.53%となり、なんとか2ケタプラスを維持しました。

 

年初比のパフォーマンスでは、マザーズ指数(+10.81%)とほぼ並んでしまいました。

来週はどうなるでしょうか...

 

週間値上がり額上位銘柄 

1位 ビーグリー +8,000円
2位 ホットランド +5,400円
3位 パラカ +3,300円

 

1位:ビーグリー

値上がり額1位のビーグリー(3981)ですら上昇額 +1万円未満です。

しばらく売り込まれていたことから、自律反発の範囲内だと思います。

 

電子マンガマーケットこれからさらに成長が見込める分野だと考えています。

電子マンガの競合は厳しいですがこれからも頑張って欲しいです。

 

ちなみにビーグリー(3981)の大株主には、凄腕個人投資家の内藤 征吾氏が2018年6月に第4位株主として登場しています。

 

内藤氏の詳細については不明ですが、ビーグリー(3981)を 4.53%(時価 2億5千万円)も保有しています。

 

内藤氏もおそらく絶賛含み損中だと思いますが、電子マンガの将来性に魅力を感じて投資したのでしょう。

内藤氏の今後の投資方針(追加購入or売却)についても注目です。

 

▼大株主情報については「IRBANK」(アイアールバンク)で調べるのがオススメです!

irbank.net

 

2位:ホットランド

値上がり額2位はホットランド(3196)です。

 

保有株全体が下落する中、わずかにプラスとなってくれました。

 

2019年3月3日(日)にTV放送された「坂上&指原のつぶれない店」に社長が出演した効果でしょうか?

わたしは株主ですが、知らなかったことばかりでした(反省)

www.tbs.co.jp

 

ホットランド(3196)は株主優待が魅力です。

「築地銀だこ」などの店舗で使える株主優待券が、12月末と6月末の年2回もらえます!

 

▼株主優待についてはこちら 

www.meganediary.net

 

3位:パラカ

値上がり額3位はパラカ(4809)です。

なぜ値上がりしたかは不明。

9月末権利確定のクオカード 2,000円分が楽しみです。

 

▼株主優待についてはこちら 

www.meganediary.net

 

週間値下がり額上位銘柄 

1位 ハウスドゥ -98,000円
2位 インフォコム -32,400円
3位 PRTIMES -25,400円

 

1位:ハウスドゥ

週間値下がり額は驚異の -98,000円です!

主力株の大幅下落はかなりの痛手です。 

最近ハウスドゥ(3457)はボラティリティが大きくなっていますね。

毎日ハラハラしていますが、こんなところで売りません。

 

ハウスドゥ(3457)はハウス・リースバック事業などの高齢者向けサービスの拡大等による成長が今後も続くとみています。

 

▼ハウスドゥの事業内容について 

www.meganediary.net

 

2位:インフォコム 

インフォコム(4348)は2月28日(木)の1株→2株の株式分割以降、株価が冴えません。

株式分割で株式数が増加したため、一部を売りに出す投資家が多いからだと考えています。

 

実はわたしも、100株売却を検討していたのですが、売りたい価格で売れません(涙)

できれば 2,000円以上で売りたいです...

  

3位:PRTIMES

週間値下がり額3位は、主力株のPRTIMES(3922)です。

 

業績は絶好調だと思います。

特にニュースも出ていませんし、気にせずホールドです。

 

▼PRTIMESの業績について 

www.meganediary.net

 

主力銘柄について(定義:総投資金額の5%以上)

 

主力銘柄
  • フィル・カンパニー(3267)
  • ハウスドゥ(3457)
  • PRTIMES(3922)

 

主力株に変動なし。

 

しばらく相場を眺めるだけの日々が続いています。

早くアパート修繕費(約200万円)を支払って、株を買いたいです。

 

今週の売買 

なし。

 

日経平均株価にゴールデンクロスが発生

日経平均株価に強気サインの「ゴールデンクロス」が発生しました。 

【日経平均、強気サイン点灯目前】

日経平均株価の25日移動平均が4日、2万1096円と75日移動平均(2万1125円)まで30円弱に迫った。25日移動平均線が75日線を下から上に突き抜ける「ゴールデンクロス」を形成すればチャート分析上、日本株に強気サインがともったことを示す。米中摩擦緩和への期待は円安を背景に日経平均は戻り歩調にあり、ゴールデンクロスが最後に出現したのは昨年8月末。このときはその後1カ月ほど、日経平均が上昇基調をたどった。

※ 2019年3月5日 日本経済新聞より 

 

今後1ヵ月は上昇基調が期待できるかもしれません。

 

f:id:meganekunno:20190309190525p:plain

さてどうなるでしょうか??