めがねくんのお金日記

30代のサラリーマン 株式運用パフォーマンス・不動産収支・家計簿を公開中!

【株式(決算分析)】PRTIMES(3922)が2019年3月期 第3四半期決算を発表! 業績好調のようでひと安心です

f:id:meganekunno:20190110215010p:plain株式会社PR TIMES

 

MYポートフォリオの主力銘柄であるPRTIMES(3922)が、本日(2019年1月9日)2019年3月期 第3四半期決算を発表しました。 

 

営業利益が前年同期比 43.1%増となる好決算でした。

無事に決算を通過してくれてひと安心です。

 

好決算の発表を受けてPTS市場では大幅高(+158円、+7.53%、ブログ更新時点)となっています。

 

「今期の決算はどうなるか?」「上方修正は期待できるか?」「今後も継続保有できるのか?」といった視点で決算を分析しました。

 

PRTIMES(3922)ってどんな会社? 

f:id:meganekunno:20190110215138p:plain

プレスリリース配信サイト「PR TIMES」を運営する企業情報の配信サービス企業。

東証1部上場企業ベクトル(6058)の子会社(持分比率 56.9%)

 

「2019年3月期 第3四半期決算」概要 

「2019年3月期 第3四半期決算 説明資料」を使って、決算を振り返ってみます。

 

2019年3月期 第3四半期累計実績

前年同期比で増収増益を達成しています。

f:id:meganekunno:20190110221829p:plain

 

売上高・営業利益・純利益すべて増加しており、非常に頼もしい決算です。

 

売上高 +34.1%
営業利益 +43.1%
純利益 +59.5%

売上高より利益の伸びの方が大きいですね。

よい傾向だと思います。

 

営業利益率も 24.3%ありかなりの高利益体質です。

 

四半期売上高

四半期売上高は7四半期連続で過去最高を更新中!

右肩上がりの上昇であり安心できます。

f:id:meganekunno:20190110221959p:plain

 

ただし、売上は第3四半期に期中のピークを迎えて、第4四半期は伸びなやむ傾向があります。

 

四半期営業利益

四半期営業利益としては過去最高を更新しました。

f:id:meganekunno:20190110222028p:plain

 

棒グラフの推移を見て分かるように「利益が出やすい体質」になりつつあることがうかがえます。

 

上方修正は期待できるか?

第3四半期時点の進捗率は、売上高 80.5%、営業利益 90.2%であることから、「上方修正の可能性が高いのでは」と思いました。

 

しかし、積極投資を行う予定であるため上方修正はありませんでした。

f:id:meganekunno:20190110223127p:plain

 

企業発表の業績予想は、前期の実績をみても「保守的」と感じています。

わたしは、予想を上回る業績での着地を見込んでいます。

 

新規利用企業社数

主力のプレスリリース配信は、新規利用企業数が増加傾向です。

さらに近年は増加ペースが強まっています。

f:id:meganekunno:20190110230644p:plain

 

新規利用社数の増加は売上増に直結しますので、成長ペースの加速が期待できます。

 

1株益・1株当たり配当金・配当性向の推移

  1株益 1株配 配当性向
16.2 22.3円 0円 -%
17.2 24.9円 0円 -%
18.2 37.0円 0円 -%
19.2(予) 44.0円 0円 -%

 

1株利益は順調に増加しています。

成長を優先させるため無配が継続しています。

 

株価データ(2019/1/10現在)

市場 東証1部、情報・通信
時価総額 140億円
 株価 2,097円(100株単位)
 PER 47.62倍
 PBR 8.18倍
配当利回 0.0%(無配
総合利回 0.0%(株主優待なし

参照:YAHOO!ファイナンスより

 

指標(PER,PBR)は割高、かつ無配当です。

 

しかし、この銘柄の魅力は高い成長力です。

 

ただし、指標や配当による下支えが見込めないため、相場調整時には容赦なく売られる可能性があります。

また、成長のスピードが鈍った場合も要注意です。

 

株主優待の新設は?

PRTIMES(3922)には株主優待制度がありません(2019年1月現在)

 

すでに東証1部へ上場していることから、株主数増加のための優待新設は見込めません。

 

しかし、親会社であるベクトル(6058)は株主優待(プレミア優待倶楽部)を実施しています。

 

わたしは、親会社との優待制度共通化を期待しています。

 

「配当開始」と「株主優待開始」のどちらが期待できるかというと、最近のトレンドから「株主優待開始」の方が早いかもしれません。

 

株主としては「両方同時」が一番ありがたいのですけどね...

 

まとめ

配信シェアNo.1(国内上場企業の利用率は 34.3%)の企業であり、高シェアといえますがまだまだ伸びしろはありそうです。

 

主力のプレスリリース配信は、地方やベンチャー企業の案件増加により、利用企業社数は右肩上がりの増加が続いています。

f:id:meganekunno:20190110222545p:plain

 

非常にきれいな右肩上がりのグラフです。

見ていて気持ちがよいくらいです。

 

利用企業社数の増加は、売上高の増加に直結します。

今後もこのトレンドが崩れなければ、高い成長力をキープできるでしょう。


今後は、2020年度の業績目標として

  • 営業利益 10億円
  • 利用企業社数 50,000社

を掲げており、これらを順調に達成していければ株価上昇も期待できます。

いずれの目標も現状の2倍の数値であり、けっこう意欲的な目標ですが、成長スピードが加速すれば十分達成可能とみています。

 

時価総額 140億円ほどの超小型企業であり、株価2倍、3倍は余裕でねらえると思っています。

今後の成長が非常に楽しみな企業であり、「PRTIMES」の利用企業社数の増加が続く限り、継続保有していく予定です。