めがねくんのお金日記

30代のサラリーマン 株式運用パフォーマンス・不動産収支・家計簿を公開中!

【株式】運用成績&保有株一覧(2019.4.5時点)

f:id:meganekunno:20190406203507p:plain

2019年4月第1週の株式運用成績&保有株一覧です。

 

新元号が「令和」に決まりました。

新元号決定の影響でしょうか、4月に入ってから相場は非常に堅調です。

 

今年は相場格言どおりに、「Sell in May(5月は売れ!)」でいいかもしれません。

 

 

保有株一覧

コード順に表示しています(並び順は気分で変わります)  

f:id:meganekunno:20190406203538p:plain

 

今週は2銘柄を損切りしたので、現金は先週末比 +54,112円となりました

手元に現金が欲しいのですが、なかなか売りたい銘柄がありません。

 

運用パフォーマンス

【2019年 年間パフォーマンスの推移表】

f:id:meganekunno:20190406203610p:plain

※ ディーツ法で計算。新規投入資金は月初に入金したものとして計算。

 

年初比 +14.03%
先週末比 +0.24%

 

今週(2019年4月第1週)の運用損益は先週末比 +0.24%とわずかですが増加しました。

 

新元号発表によるお祝い相場の影響でしょうか、マーケットは非常に堅調に推移した一週間でした。

ただし、マザーズ指数は急落(-4.11%)しており、年初比の運用パフォーマンスがMYポートフォリオと逆転しました。

 

2019年4月12日(金)には、主力銘柄フィル・カンパニー(3267)の第1四半期決算発表が控えています。

会社四季報春号には【絶好調】と解説されており、割高・不動産銘柄ですが、かなり期待しています。

 

週間値上がり額上位銘柄 

1位 ハウスドゥ +10,000円
2位 富士山マガジン +6,700円
3位 イチネン +6,500円

 

大きく値上がりした銘柄はありませんでした。

 

富士山マガジン(3138)が初めて週間値上がり額上位銘柄に登場しました。

個人・法人に雑誌の定期購読を提供するオンライン書店を運営しており、ストックビジネスが魅力で投資している銘柄ですが大幅な含み損です。

電子書籍・電子マンガ銘柄への投資の方が魅力がありそうですね。

 

週間値下がり額上位銘柄 

1位 インフォコム -12,800円
2位 PRTIMES -11,800円
3位 ビーグリー -10,000円

 

大きく下げた銘柄はありませんでした。

 

週間値下がり額上位銘柄の1位と3位は電子マンガ関連銘柄です。

電子書籍・電子マンガ市場はまだまだ成長するとみています。

安いところで買いたいですね。

 

主力銘柄について(定義:総投資金額の5%以上)

 

主力銘柄
  • フィル・カンパニー(3267)
  • ハウスドゥ(3457)

 

主力株は先週末から変動なし。 

 

今週の売買

2銘柄を売却。

 

日産東京販売HD(8291)を@300円で全株(100株)売却。

@395円で購入のため -9,500円の損切り。

 

エリアクエスト(8912)を@140円で全株(100株)売却。

@258円で購入のため -11,800円の損切り。

 

含み損銘柄を損切りできたので少しすっきりできました。

 

いずれの銘柄もクオカードの株主優待銘柄に飛びついて購入したのですが、投資成績は散々でした。

特にエリアクエスト(8912)はの株主優待廃止は許せませんでした。

 

▼株主優待についてはこちら

www.meganediary.net

 

クオカード優待銘柄には注意が必要ですね。