めがねくんのお金日記

30代のサラリーマン 株式運用パフォーマンス・不動産収支・家計簿をリアルに公開中!

【株主優待】夢展望(3185)から株主優待カタログが到着!

 

f:id:meganekunno:20181217212337p:plain

夢展望株式会社

 

夢展望(3185)から株主優待カタログが到着しました。

 

銘柄概要
  • 3月末 9月末 優待銘柄(年2回)
  • 2018年12月15日(土)着
  • 100株保有(@1,350円で購入)
  • 恐るべし含み損銘柄(-10万円

 

約 13万円で 100株購入しましたが、ライザップショック&新興市場の下げにより壮絶な含み損を抱えています。

この傷を癒してくれる株主優待のカタログが到着しました。

 

株主優待内容(3月末、9月末) 

RIZAPグループ商品が選べるカタログが年2回いただけます。

 

年2回の優待は魅力ですが、RIZAP関連企業の株主優待は年1回の企業が多いです。

 

そのため、SDエンターテイメント(4650)のように年2回優待 → 年1回優待への変更の可能性があることに要注意です!

 

100株以上 4,000円
200株以上 6,000円
400株以上 12,000円
800株以上 24,000円
1,200株以上 30,000円
2,000株以上 36,000円

 

株主優待のカタログが到着! 

f:id:meganekunno:20181217212446p:plain

夢展望(3185)の優待カタログですが、夢展望らしいものといえば「福袋お楽しみセット」(数量限定、6,000pt)くらいです。

f:id:meganekunno:20181217212623p:plain

女性向けのアパレル雑貨が6点入っているそうですが、男性には無価値ですね(まぁ、注文できませんが...)

 

4,000ptありますので、アパートの入居者プレゼントとして「スマートタオル2Pセット」にしようと思います。

4色ありますが全色注文します!(1,000pt×4)

f:id:meganekunno:20181217212505p:plain

もはやタオルは、自家消費だけにとどまらずアパート入居者へのプレゼントまで株主優待で賄うようになりました(笑)

 

カタログ申込みの受付期間は 2018年12月17日(月)~ 2019年2月28日(木)です。

受付期間はMRKホールディングス(9980)と同じです。

 

株主優待の内容はこちら

www.meganediary.net 

 

RIZAPグループ(2928)の優待と違ってポイントの繰り越しはできないので要注意です!

 

1株益・1株当たり配当金・配当性向の推移

  1株益 1株配 配当性向
16.3 -51.7円 0円 -%
17.3 -15.6円 0円 -%
18.3 51.3円 0円 -%
19.3(予) 37.5円 0円 -%

 

財務がボロボロのため、配当金の支払いよりもまずは財務体質の強化が必要だと思います。

連続赤字で債務超過状態が続いていましたが、2018年7月において債務超過が解消となり上場廃止の危機を乗り越えました。 

 

主力のアパレル販売は順調のようで、RIZAPグループの関連企業の中では比較的安心して保有できるかと思います。

 

夢展望(3185)ってどんな会社? 

10代後半から30代前半の女性を対象としたレディースファッションのネット販売を手掛ける企業。RIZAP傘下。

 

インターネット販売に強みがあり、EC比率(電子商取引が占める割合)は90%を超えており、アパレル業界平均の5%を大きく上回っています。

 

アパレル通販最大手サイトのZOZOTOWNへの出店など新規販路の開拓にも注力しています。

 

株価データ(2018/12/17現在)

市場 東証マザーズ、小売業
時価総額 41億円 
 株価 348円(100株単位)
 PER 8.72倍
 PBR 5.66倍 
配当利回 -%(無配)
総合利回 23.0%(100株保有時)

参照:YAHOO!ファイナンスより

 

株価下落により総合利回りは驚異の23%!

 

どう考えても売られすぎです。

100株だけなら買ってもいいかもと思います。

 

コメント

株価は 2017年7月につけた 2,500円から滝のように下げています。

 

現在の株価は 348円とピークの7分の1以下となってしまいました(涙)

さすがに下げすぎだと思います。

 

35,000円の投資で 4,000円×年2回もカタログ商品がいただけますので、打診買いも悪くないと思います。

わたしもナンピンを検討中です。

 

しかし、親会社の動向も注意する必要があるため安易な買い増しは禁物だと思います。

なかなか難しいものですね。