めがねくんのお金日記

30代のサラリーマン 株式運用パフォーマンス・不動産収支・家計簿をリアルに公開中!

【株式】週間運用パフォーマンス&保有株一覧(2019.12.6時点) 今週も年初来高値更新!

f:id:meganekunno:20191206211625p:plain

株式運用成績&保有株一覧の報告です。

 

2019年12月第1週(2019.12.2~2019.12.6)の株式運用パフォーマンス&保有株一覧です。

 

 

今週の振り返り

今週もMYポートフォリオは年初来高値を更新しました。

調子よすぎて気味が悪いですね。

 

気味が悪すぎて保有銘柄を2銘柄ほど利益確定しました。

 

12月はボーナスの投資による相場下支えが期待できます。

今年は楽勝で年を越せそうですね(とか言って急落があったりして...)

 

パフォーマンス

【2019年 年間パフォーマンスの推移表】

f:id:meganekunno:20191206211655p:plain

※ ディーツ法で計算。新規投入資金は計算期間の初めに入金したものとして計算。

 

年初比 +24.34%
先週末比 +0.88%

<参考>YH:+24.34%(2019.12.6)

 

今週(2019年12月第1週)の運用損益は先週末比+0.88%となりました。

 

日経平均(+0.26%)、TOPIX(+0.82%)、マザーズ(-0.44%)の主要3市場をすべての上昇率を上回りました。

 

中小型株が元気だった印象の1週間でした。

 

年初比のリターンは+24.34%にまで上昇。

年初来高値を更新中!

 

いくらなんでももうすぐ調整があるかと思っています。

2019年は+20%くらいでフィニッシュできたら御の字です。

 

株クラパフォーマンスランキング参加中です!

 

保有株一覧

コード順に表示しています(並び順は気分で変わります) 

f:id:meganekunno:20191206211722p:plain

今週は2銘柄を利益確定したことから、現金は631,566円(先週末比+314,834円)となりました。

 

利益確定したことにより、CP(キャッシュポジション)は6.06%に上昇。

まだまだキャッシュが欲しいですね。 

 

週間値上がり額上位銘柄

1位 ビーグリー +40,800円
2位 リンクバル +24,500円
3位 フィル・カンパニー +19,000円

 

週間値上がり額1位:ビーグリー

今週の週間値上がり額1位はビーグリー(3981)でした。

 

マーケットスピード(アプリ版)のニュース欄で確認してみると、12月4日(水)の株式新聞に1面注目株で取り上げられたことが材料となり急騰したようです。

 

記事の内容はわかりませんが、株式新聞とはそんなに影響力があるものなのでしょうか?

 

ちなみに12月は株主優待の権利確定日です。

 

「まんが王国図書券」がもらえるので楽しみです。

 

現在400株保有しているので、あと100株買ってワンランク上の優待を狙っています。

 

週間値上がり額2位:リンクバル

もう死んだと思っていたリンクバル(6046)が少し息を吹き返しました。

 

大和証券が発表した東証1部昇格予想銘柄リンクバル(6046)が入ってたそうです。

 

わたし的には時期尚早です。

配当開始or株主優待新設の方が先です。

というかそちらの方がうれしいです。

 

期待しないで待ってます。

がんばれリンクバル(6046)!

 

週間値上がり額3位:フィル・カンパニー

主力銘柄フィル・カンパニー(3267)が週間値上がり額3位にランクイン。

 

今週は日経新聞にめずらしくフィル・カンパニー(3267)の記事がありました。

 

「PEGレシオの低い銘柄」として紹介されていました。

 

以下、日経新聞の記事。 

【中古型株に膠着はない】

(省略)

中小型株の銘柄の発掘ではどんな視点が必要なのか。大和証券の鈴木政博シニアクオンツアナリストは「PEGレシオに注目する」とはなす。PEGレシオはPER(株価収益率)をEPS(1株利益)の成長率で割って算出する。例えばPERが50倍なら割高に見えるが、利益が50%伸びると予想するならPEGレシオは1になる。利益の伸び率が高いほど同指標は下がり、高いPERでも「まだ買える」理由になる。一般的に指標は2までが割安の目安とされる。

実際、11月以降は高いPERでもPEGレシオが低い銘柄が買われている。例えば駐車場の上部空間を店舗に活用するフィル・カンパニーは11月初旬のPERは30倍だが、4割の利益成長率で割ると0.8となり、株価は11月以降に1割上昇。

(省略)

鈴木氏によれば、同指標は株価が10倍になるいわゆる「テンバガー」銘柄の発掘にも使えるという。

(省略)

f:id:meganekunno:20191206211825p:plain

※ 2019.12.4 日本経済新聞 マーケット総合1 

割高に見えるフィル・カンパニー(3267)も成長力を加味すると割安に見えるということですね。

 

目指せ「テンバガー」!

 

ちなみに、保有株の中で一番「テンバガー」に近いのはOSGコーポレーション(6757)の576.7%(買値の6.7倍)です。

 

「テンバガー」をつかみたいですね。

 

週間値下がり額上位銘柄 

1位 ハウスドゥ -44,000円
2位 PRTIMES -15,300円
3位 ブロードリーフ -13,500円

 

ハウスドゥ(3457)が少し下げました。

 

もう少し下げたら欲しいですね。

 

まぁ、今のマーケットは積極的に買いに向かう場面ではないと思います。

急騰した銘柄は売り、急落した銘柄は買いくらいでよいと考えています。

 

主力銘柄について(定義:総投資金額の5%以上)

 

主力銘柄
  • フィル・カンパニー(3267)
  • ハウスドゥ(3457)
  • PRTIMES(3922)
  • ビーグリー(3981)

 

主力銘柄にビーグリー(3981)が復活。

 

消滅したり復活したりで忙しいですね。

早く追加購入して主力銘柄に落ち着けてあげたいです。

 

今週の売買

今週は2銘柄を売却

 

売却 

アプライド(3020)を@2,010円で100株売却。保有なしへ。

+35,395円の売却益。

超がつくほどの割安で、わたし好みの小型株ではありましたが、含み損を抱えていた期間が長かったので利益が出ているうちに売却。

1,300円くらいにまで下がるようなら再エントリーもあるかもしれません。

株主優待は実施していますが、おまけ程度のものでした。

 

▼アプライドの株主優待

www.meganediary.net

 

こころネット(6060)を@1,160円で100株売却。保有なしへ。

+7,134円の売却益。

こちらの銘柄も地味な割安銘柄でしたが、含み損生活が長かったのでわずかな利益で手放すことにしました。配当を考慮するとそこそこ稼がせてもらいました。

成長性が乏しく、株主優待もないので再エントリーはなさそう。