めがねくんのお金日記

30代のサラリーマン 株式運用パフォーマンス・不動産収支・家計簿をリアルに公開中!

【セルフリフォーム】アパートの火災報知器を自分で交換! なんと8万円も節約できました!

某地方都市でアパート2棟を経営しているサラリーマン大家のめがね(@meganekunno)です。

 

このたびアパート2号(バブル期物件)にて、火災報知器18個を自分で交換してみましたので手順などを紹介します。

 

業者に依頼して交換するよりも8万円も節約できました。

シロウトのわたしでもできたので、絶対に自分で交換するのがオススメです!

 

火災報知器の交換目安は10年

火災報知器の更新は10年といったように、期間が明確に決められている訳ではありません。

 

ただ、リチウム電池の耐用年数が最大10年程度であることから、大体10年経過したころが交換の目安とされています。

また、機器が劣化するのもおおよそ10年ほどだそうです。

 

実際に今回交換した18個の火災報知器は2008年12月に前のオーナーが設置したものでしたが、10年超が経過した2019年9月になってもすべて正常に作動していました。

 

▼取り外した火災報知器

火災報知器

タバコのヤニなどでかなり汚れたものもありましたが、すべて正常に作動していました。

 

住宅用火災警報器が設置されていても、電池切れが発生しているといざというときに作動してくれません。

 

10年以内に必ず交換しないといけないものではありませんが、忘れずに交換しないといけませんね。

 

わたしの場合は、アパートの管理を依頼している管理会社から「めがねさん、そろそろアパート2号の火災報知器の交換時期ですよ」との連絡があり交換時期を知りました。

 

自己管理物件の場合は、自分で交換時期を覚えていないといけないので要注意です。

 

火災警報器の設置&交換って義務なの?

これは義務です。

 

消防法から委任された各地の条例で、設置が義務づけられています。

住居者の方の命にかかわることなので、絶対に設置しましょう!

 

誰に設置&交換の義務があるの?

火災報知器の設置と維持の義務を負う者は「住宅の関係者」です。

 

アパートの場合、「関係者」はアパート大家や管理者会社、入居者などのことですが、具体的に「誰に」設置義務があるかは明確に定められていません。

 

これはやっかいですね。

 

ただ、現実的には不動産の大家(オーナー)が設置するべきでしょう。

 

アパートの管理を依頼している管理会社の担当者に聞いてみると、ほぼすべてのアパートにおいて火災報知器はオーナーが設置&交換しているそうです。

 

自分の持っている物件だからちゃんと責任を持たないといけないですね。

 

火災報知器を交換する際の注意点

火災報知器の交換にあたり、注意すべきポイントは以下の2つです。

  • 火災報知器の設置場所
  • 火災報知器の種類(煙式・熱式)

 

火災報知器の設置場所

原則として「寝室」と「寝室がある階の階段」に設置の必要があります。

【住宅用火災警報器はどこに設置するの?】

住宅用火災警報器を設置する部屋は、各市町村の火災予防条例で定められた場所に取り付ける必要があります。

ただし全国共通で、寝室および寝室がある階(寝室が避難階となる階にある場合は除く)の階段には、原則として煙式を設置しなくてはなりません。

なお、浴室、トイレ、洗面所、納戸などは義務化の対象外です。

※ セコム株式会社HPより

  

アパートの場合は、どの部屋が寝室になるかわからないので、寝室として利用可能な部屋全てに設置する必要があります。

 

わたしの保有するアパート2号は、17部屋と階段部分に火災報知器があったので、全部で18個の交換が必要でした。

 

全国共通で設置が必要な箇所
  • 寝室:すべての寝室が対象
  • 階段:寝室がある階の階段(避難階を除く)

交換の場合は、すでに設置されている火災報知器を交換するだけなので簡単です。

 

市町村条例により定められた設置箇所

上記のほかに、市町村条例によって、居室や台所(キッチン)などへの設置が義務づけられている地域もあります。

 

詳しくは各市町村の所轄消防署などに確認しましょう。

 

ちなみに、わたしの住んでいる地方都市ではキッチンへの設置は義務づけられていませんでした。 

 

火災報知器の種類は「煙式」

火災報知器には大きく分けて2種類あります。

  • 煙式の火災報知器 → 寝室、階段
  • 熱式の火災報知器 → キッチン
名前のとおり、煙に反応するか、熱に反応するかの違いです。
 

「寝室」と「階段」には煙式、キッチンに取り付ける場合は熱式の火災報知器です。

 

ただし、法律で義務づけられてるのは「寝室」や「階段」なので、煙式の火災報知器を準備しましょう

 

わたしは「煙式の火災報知器」を楽天市場で1個1,220円で18個購入しました(合計21,960円)
 
格安かつ送料無料なのでオススメです!
 
18個をまとめ買いしました。 
火災報知器
なかなかすごい量になりました(笑)
 

交換前の準備

 

まずは入居者への連絡

一番苦労したのがここでした。
 
交換時には入居者の立ち合いは必須です。
 
大家といっても部屋に勝手に入ってはいけません。
(「勝手に交換してくれ」という方がいらっしゃいましたので、電話で許可を得て交換した部屋が1部屋ありました)
 
わたしはサラリーマンで基本土日しか大家業を行えないため、入居者と交換日程を調整するのに大変時間がかかってしまいました。
 
結局、空室の3部屋以外の12部屋の火災報知器を交換するために、4日かかってしまいました。
 
アパートまで4往復...そんなに遠くないとはいえ、けっこう大変でした。
 

連絡方法

入居者の連絡先は賃貸借契約書に記入されています。
 
片っぱしからアポを入れていきました。
入居者とのやり取りは大体以下の感じ。
 
 
めがね:いつもお世話になっております。アパート2号の大家のめがねです。少しお電話大丈夫ですか?
 
入居者:はい。
 
めがね:アパートの火災報知器の交換時期が迫っていますので、交換させていただきたいんですよ。交換の際は立ち合いをお願いしたいのですが、今週の土日でご都合のよろしい時間はありますか? 交換作業は5分ぐらいです。
 
入居者:土曜日の14時なら大丈夫です。
 
めがね:それでは土曜日の14時にお伺いします。
 
 
サラリーマンでアポ入れ電話をしていた経験が役に立ちました。
大家にはコミュニケーション能力も必要です。
 

訪問時に持参したもの

アパートの管理は管理会社に任せているため、実は入居者と面識がありません。
 
時間どおりに訪問したとしても不審がられるかもしれません。
 
そこで、大家であることを証明するために
  • 賃貸借契約書
  • 運転免許証
を訪問時に持参して入居者に見せてから交換作業を行うことにしました。
 
ただ、実際に訪問してみると、入居者の方はわたしがアパートの清掃を月2~3回やっている姿を見ていたことからすんなり部屋に入れてくれました。
 
まめに所有物件に通うのは良いことですね。
 

必要工具

今回の交換に使用した道具は以下のとおり。

 

必要工具
  • 火災報知器セット
  • ドライバー
  • マジックペン → 交換年月日記入用

たったのこれだけです。

 

火災報知器セットの中身は以下のとおり。

f:id:meganekunno:20190928231524p:plain

 

中身
  • 火災報知器セット
  • 取扱説明書(保証書付)
  • 本体
  • 取付板
  • 取付ネジ(2本)
  • 石こう釘(3本)

 

今回は取付板がすべてネジで部屋の天井に取り付けられていたことから、石こう釘は使用しませんでした。

 

交換手順

交換手続きはとても簡単です。

 

1個あたり5分で交換できます。

 

1.火災報知器を取り外す

火災報知器は壁や天井に取り付けられています。

 

火災報知器自体は少しひねるだけで簡単に取り外せます。

f:id:meganekunno:20190928231513p:plain

取付板は2つのネジで固定されているので、ドライバーで取り外します。

 

全く同じ火災報知器を購入することで、取付板をそのまま使うこともできます。

 

2.本体に「設置年月」を記入

本体側面などに「設置年月」を書くスペースがあります。

f:id:meganekunno:20190928231417p:plain

交換の際は忘れずに書いておきましょう。

 

3.動作確認を行う

ボタンがある機種

 ↓

ボタンを押す

 ↓

警報を知らせるメッセージが流れたらOK

 

4.火災報知器を取付板にはめ込む

先ほど取り付けた取付板に火災報知器本体をはめ込みます。
 
カバーに位置を合わせて回して固定します。
 
以上で交換完了!
 

5.取り外した火災報知器は電池を外して廃棄

 
火災報知器から電池を外して廃棄します。

f:id:meganekunno:20190928234201p:plain

廃棄方法は市町村によって異なります。
 

まとめ:絶対に自分でやった方が得

火災報知器の交換はとても簡単で1個あたり5分もあれば交換できます。

 

価格は1個あたり1,220円(税込)なので、18個の交換で合計21,960円(+労働力)かかりました。

 

これを業者に発注すると、102,060円(税込)もかかってしまいます!

(一応見積もりをとってみました)

 

自分で交換することにより80,100円も節約することができました。

どう考えても自分で交換した方が得です。

 

今後もなるべく自分でできることは自分でやろうと思います。