めがねくんのお金日記

30代のサラリーマン 株式運用パフォーマンス・不動産収支・家計簿をリアルに公開中!

【株式】2019年の運用パフォーマンス&2020年の目標

f:id:meganekunno:20200102124434p:plain

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

 

気付けばもう2020年。

早いものです。

 

わたしの2019年のパフォーマンスはまずまず満足できる結果でした。

皆さんはいかがでしたでしょうか。

 

今年はよくても来年はどうなるかわかりません。

投資には一喜一憂することなく、淡々と続けていきたいですね。

 

 

 

2019年のパフォーマンス

年初比 +24.85%
先週末比 +0.14%

<参考>YH:+24.85%(2019.12.30)

 

【2019年 年間パフォーマンスの推移表】

f:id:meganekunno:20200102124509p:plain

※ ディーツ法で計算。新規投入資金は計算期間の初めに入金したものとして計算。 

 

2019年の運用パフォーマンスは年初比+24.85%となりました。

最終営業日にして年初来高値を更新しました!

 

+25.0%にはとどかなかったけど、日経平均(+18.20%)、TOPIX(+15.21%)、マザーズ(+10.48%)をアウトパフォームすることができたので満足です。 

 

株クラパフォーマンスの参加者もぼちぼち集計が終わっていますが、わたしの実績は上位~中位者と比べると完全に見劣りします。

 

というか、1位の人の年初来+900%ってなんだ!?

ポートフォリオがテンバガー(10倍)ってすごすぎです。

 

2019年の相場は簡単だったのでしょうか?

 

2020年はどんな相場になるかはわかりませんが、市場平均をアウトパフォームする実績を残したいですね!

 

株クラパフォーマンスランキング参加中です!

 

2019年の売買益

わたしの投資スタイルは基本的にバイ&ホールドですが、ちょいちょい利益確定や損切りをしています。

 

2019年の売買成績をまとめてみると+240,555円となりました(税引前)

 

まずまずのプラスでした。

 

これはインフォコム(4348)が株式分割(1株→2株)したので、株価が2倍となったところで半分を利益確定した影響が大きかったです(+139,579円

 

インフォコム(4348)はダブルバガーを達成していてこれからの成長も期待しています。

 

2020年はテンバガー(10倍株)をつかみたいですね。

 

保有銘柄のどれかがテンバガーを達成するとうれしいのですが。

最有力候補はOSGコーポレーション(6757)ですね(現在買値から5.6倍)

 

保有株一覧

コード順に表示しています(並び順は気分で変わります) 

f:id:meganekunno:20200102124814p:plain

2019年末の現金は1,279,566円となりました。

CP(キャッシュポジション)は11.63%です。

 

2019年は給料・事業収入から910,000円を投資に回すことができました。

 

4月にアパートの屋根修理に209万円のキャッシュアウトがあったこと考えると、まずまずの実績だったと思います。

 

2020年は300万円以上を株式投資に回します! 

 

主力銘柄について(定義:総投資金額の5%以上)

 

主力銘柄
  • フィル・カンパニー(3267)
  • ハウスドゥ(3457)
  • PRTIMES(3922)
  • ビーグリー(3981)

 

2019年末の主力銘柄は上記のとおり。

 

全てテンバガーを達成できるポテンシャルを秘めていると思っていますが、今のところすべて不発です(笑)

 

主力候補の銘柄は上記以外もいくつかありますが、分散投資のし過ぎに注意です。

 

以下、2019年に2億り人を達成したスーパー個人投資家「弐億貯男さん」の名言。 

わたしの場合は、主力銘柄への投資額は300万円程度。

 

現在の主力銘柄数は4銘柄。

2020年はもう少し主力銘柄に資金を集中させようと思います。

 

ちなみに「弐億貯男さん」が運営する『サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました』は月間100万PVの超人気ブログです。

 

アドセンス収入もすごいんでしょうね。

1PV=0.5円換算で、月収50万円...

うらやましすぎる...

 

2020年の目標

せっかくですので、2020年の目標を設定しました。

 

2020年の目標
  • 市場平均をアウトパフォーム
  • テンバガーをつかむ
  • 300万円を株式投資に回す
  • 株主優待を15万円分獲得
  • 株式市場から退場しない

 

4つ目の「株主優待を15万円分獲得」は額面ベースです。

1,000円分の食事券、商品券は1,000円に換算します。

 

成長株投資・高配当株投資もおもしろいですが、わたしが好きなのはやっぱり株主優待投資です。

2020年も続けていきます!

 

5つ目の「株式市場から退場しない」は簡単そうですが、一番重要な目標です。

 

株式市場はプラスサムの世界です(某有名投資家の名言)

大きな波はあるにせよ、長期的に見れば株式市場は成長します。

株式市場から退場してしまうと、市場成長の恩恵を取りこぼしてしまいます。

株式投資をやめないことが好パフォーマンスを上げる条件だと思います。

どんな調整・急落局面があってもガチホールドです(笑)