めがねくんのお金日記

30代のサラリーマン 株式運用パフォーマンス・不動産収支・家計簿を公開中!

【株主優待】TOKAIホールディングス(3167)から株主優待の案内が到着! お気に入りの銘柄です♪

 

f:id:meganekunno:20181203001201p:plainHPより

 

TOKAIホールディングス(3167)から株主優待の案内が到着しました。

  • 3月末、9月末 優待銘柄(年2回)
  • 2018年11月30日(土)着
  • 100株保有(@336円で購入)
  • お気に入りの優待銘柄♪

 

数年前から成長路線に復帰して、最高純益更新&株主還元強化に取り組んでおり株価は順調に上昇しています。

 

@336円で購入したため、株主優待+配当金で元本が回収できそうです。

 

100株しか持っていないのが本当に悔やまれます...

 

株主優待内容(3月末、9月末)

(1)の優待はスバラシイのですが、(1)以外の優待(割引券)は使ったことがありません。

残念ですが優待族的には価値ゼロの内容です。

(1)A~Eコースの全5種類の中から1点を選択

Aコース:アクア商品
 ①「うるのん『富士の天然水さらり』」500mlボトル
 または
 ②飲料水宅配サービス「おいしい水の宅配便」「うるのん」の12Lボトル
Bコース:QUOカード
Cコース:フレンチレストラン「ヴォーシエル」食事券
Dコース:グループ会員サービス「TLCポイント」
Eコース:“LIBMO”月額割引<2018年9月末のみ>
 
100株以上

A:①12本、②1本 B:500円分
C:1,000円分 D:1,000ポイント
E:350円

500株以上 A:①24本、②2本 B:1,500円分
C:3,000円分 D:2,000ポイント
E:850円
1,000株以上 A:①48本、②4本 B:2,500円分
C:5,000円分 D:4,000ポイント
E:1,880円

※Aコースの②は飲料水宅配サービスの契約者のみ
※Dコースは既存のTLC会員、新規入会者のみ
※Eコースは格安SIM/スマホサービスの月額ご利用料の一定額割引(6ヵ月間)。新規契約者、既契約(2017年9末並びに2018年3月末の株主様の2回限定で実施の「特別コース」も含む)者、いずれも利用可能。既に特別コースの割引が適用されている場合、本コースとは重複適用不可。現在の割引が終了した翌月から6ヵ月間割引を適用。また割引額は利用料金を上限とする。

 

(2)自社グループ結婚式場共通婚礼 10%割引券

100株以上 割引上限10万円

 

(3)フレンチレストラン「ヴォーシエル」お食事 20%割引券

100枚以上 12枚

 

株主優待の案内が到着!

f:id:meganekunno:20181203003529p:plain

 

選択するコースを決めたら株主優待申込書を返送します(申込期限:2019年1月31日)

 

わたしは毎回「Aコース うるのん 500mlボトル ×12本」を選択していて、今回も水にします。

TOKAIホールディングス(3167)はわが家の水銘柄です!

 

1株益・1株当たり配当金・配当性向の推移

  1株益 1株配 配当性向
16.3 30.0円 14.0円 46.7%
17.3 64.5円 28.0円 43.4%
18.3 51.2円 28.0円 54.7%
19.3(予) 60.3円 28.0円 46.4%

 

順調に利益をあげています。

2019 年3 月期は顧客基盤拡大による増収効果とコスト削減により、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しです。

 

株主還元としては、2017年3月期に配当を前年度の2倍(14円→28円)!に引き上げて株価に大きなインパクトがありました。

安定配当の継続を基本方針として配当性向で 40 ~ 50%を目安としています。

 

株主還元に積極的なスバラシイ企業だと思っています!

 

TOKAIホールディングス(3167)ってどんな会社? 

静岡県を地盤にLP ガスを中心とした「エネルギー・住生活関連事業」と「情報通信事業」を展開しており、「Total Life Concierge」(暮らしの総合サービス)構想を掲げて事業を拡大中。

LPガスを中心としたエネルギー・住生活関連事業、情報通信事業などを展開。

電力小売で東京電力と提携。

水宅配等も手掛ける。

 

株価データ(2018/11/30現在)

市場 東証1部、卸売業
時価総額 1,402億円 
 株価 1,004円(100株単位)
 PER 16.6倍
 PBR 2.15倍 
配当利回 2.79%(1株配 28円)
総合利回 6.87%(100株保有時)

参照:YAHOO!ファイナンスより

 

総合利回りは、株主優待で一番高利回りの「Aコース うるのん 500mlボトル ×12本」(2,050円相当)を年2回選択した場合で計算しています。

 

株価はだいぶ上昇してしまいましたがそれでも総合利回りは7%近くもあります。

指標もそこまで割高ではないと思います。

 

コメント

TOKAIホールディングス(3167)は

  • 高配当&年2回の株主優待
  • 2019 年3 月期は2 期ぶりに過去最高益を更新する見通しで業績好調
  • M&A などを活用した積極投資

などの魅力がつまった銘柄です。

 

わたしは 300円台で購入したためなかなか追加購入できていませんが(平均単価が上がってしまうため)、とてもお気に入りの銘柄です。

 

3~4年後に配当&株主優待で投資元本を回収する見込みですが、現在の株主優待制度が継続される限りはホールドしていく方針です。