めがねくんのお金日記

30代のサラリーマン 不動産収入と給与収入を日本株・仮想通貨に投資しています!

【不動産】2018年9月 地方在住サラリーマン大家の収支公開

 

f:id:meganekunno:20180917223806p:plain

2018年9月の不動産収支です。

 

アパート2棟分の収支です。

収入 359,300円
支出 -25,920円
返済 -99,506円
収支 +233,874円

 

私のアパートは2ヵ月のフリーレントを導入しています。

新規入居者のフリーレント期間が終了したため、9月からフルで家賃収入が計上されるようになりました。

フリーレントとは、入居後一定期間の家賃が無料になるシステムのこと。フリーレントの賃貸物件なら、入居後1~3か月程度は賃料がタダとなる。ただし、物件や契約内容にもよるが、無料期間だけ住んで退去、ということができない貸家とする特約がある場合も多いので注意。

参考:【SUUMO】フリーレントの賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅のお部屋探し物件情報

私のアパートでは「1年以上の入居」をフリーレントの条件としています。

 

私のアパートの入居条件

f:id:meganekunno:20180917223627j:plain※ 私のアパートの画像ではありません(笑)(雰囲気は似てますが)

私のアパートの戦略「とにかく入居関連費用を抑える」

 

私のアパートは2ヵ月のフリーレントに加えて、敷金・礼金ゼロとしています。

入居ターゲットは以下のとおりです。

  • 1人暮らし
  • 入居費を抑えたい人
  • 家賃を抑えたい人

入居費については、私のアパートで入居にかかる費用は火災保険料の1.8万円のみです。

敷金・礼金・仲介手数料等すべてゼロとしているので、入居のハードルが非常に低いです。

また、家賃は地域最安値としているので低収入の方でも安心して住むことができます。

 

このように安さを売りにしているので、荷物置場セカンドハウスとして利用してくれている人もいます。

荷物置場として利用してくれる場合は、部屋が傷まず修繕費がかからないので大家としてもありがたいです。

セカンドハウスの利用例としては、「夫と別居したい!」という理由で入居していた人もいました(今は退去したのですが夫婦仲はどうなったのでしょうか...)

 

入居状況

【アパート1号】

・3部屋中 1部屋入居 → 10月から入居申込みあり!

 

【アパート2号】

・15部屋中 11部屋入居

 

それぞれのアパートの詳細はこちら↓

meganekunno.hatenablog.com 

meganekunno.hatenablog.com

 

アパート1号に10月からの入居申し込みがありました!

この時期の入居は珍しいです。

非常にうれしいです。

入居者について不動産屋さんに聞いてみると、「家賃を抑えるために他のアパートから転居してくる人」とのことでした。

私のアパートの戦略「とにかく入居関連費用を抑える」がうまくいきました。

 

あと空室は5部屋です!

 

まだまだ空室がありますが、満室目指して頑張るのみです。